2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
自作ケージ落成間直
2007.03.04 (Sun)
自作ケージのススメさんのケージをメチャ真似て我家なりに工夫を凝らして建設しました…♪
自作ケージのススメさんへ御礼のメールを入れてるのですが、エラーになってしまう、、、
この場を以って御礼申し上げます。有難う御座いました。

また、BJさんの巨大ケージKOJIさんの新居作り2 のケージも大いに参考にさせて頂きました事を申し添えると同時に、御礼申し上げます。有難う御座いました。
DSC00358.jpg
木製ケージに拘ったのは、先ず、ケージの設置場所が太陽光が当たる窓際に設置します。天気の良い日中はガラスケージの場合、温室効果で過剰な温度上昇となり、夏季の室温管理が難しいと思う。
木製の場合、保湿・保温・断熱・防音効果が望め、ガラス製では難しい自作が可能であり、工作が好きなんです。

詳細感想は続きに記してあります。

【More・・・】

木製ケージサイズ(今までのケージの有効面積の凡そ2,8倍、体積で4.3倍になります)当面此れで十分と思ってます。
飼い主的には大満足ですが、ハル&ナツの思いはどうなんだろう?
現在のハウスが上段に写っております、、、其れなりのサイズですね、、、
この写りは光沢がありますが、塗料が乾燥しますと艶消しになります、此れがまたシックなんです(ブラウン系が大好きです)
DSC00359.jpg
間口=1000mm
奥行= 510mm
高さ= 545mm  ケージ本体のサイズです。
デザイン上?の凸&キャスター部分を加えた大きさになります。

我家の木製自作ケージの特徴は
☆床暖房(3ボックス内蔵仕様で全床にも設置する事が出来ます)
☆後方・左右3方取り外し可能な窓(季節によって取り外します)
 (その開放部分から紫外線を取り込む事ができます)
☆木製の為、湿気による劣化・ねじれ・反り等の問題を心配し、保護目的に塗装を施しました。
 (事前にテスト作成した木製シェルターで勉強させられました、パームマットから水分を吸う事を確認し、何かしなきゃならないな~と思い、、、正直、迷いに迷って全面塗装を施しました。。。)
 (食器等にも塗れる自然素材の塗料ですから人間&動物等に無害と説明書に書かれてます)
☆床&床からの立ち上がり部分をガラス張りにします。
 (此れにより床材&水分の心配がなくなります。また、床暖房システム上ガラス敷きがベストと考えました)
☆ケージ内37~46cm高のところにランプ用のスティを設置しました。
 (保温球&赤外線&紫外線ランプ等のフリー設置が可能でし、蛍光灯はスライド式です。ランプによりカメさんへの距離を調整できます。)
☆ケージ移動を容易にする為キャスターを設置。
☆将来、ケージの高さが必要になっても容易に増設する事が出来ます。
 (土台部分と上部を固定してませんので、その間に設置出来ます)
木製ケージ導入に伴い、予備も含め次の保温設備を準備しました。
マルチパネルヒーターL  * 1 個
ピタリ適温4号        * 1 個
インフラレッドスポット60W * 2 個
ムーンシャワー100W    * 2 個
パワーUVB20W       * 1 個

カメハウス建設の材料は安価な外材のスプルス(通称北米松&ホワイトパインと言うものだと思います)成城の東宝ホームセンターで購入し正確なカットもお願いしました。追加工事が生じカットの為、3回店へ行きました。
正確に1mm単位でカットして頂けますし短時間で切り終えます。
自分でカットした場合、途中でやに成ってたと思います…(マジで)

カットした材料は、2週間位部屋の片隅に放置し木材の暴れを出し(多少ゆがみ&反りが出てました)それを品別し適所へ配置し組み立て始めた。。。
組み立て中にも材料が暴れだし多少(1~2mm)の狂いはあります、保護材を塗りましたので此れからは暴れは抑制できるのではないかと思ってますが、、、心配はしてます。

塗装工事が一番面倒だった、、、と言うのも説明書には乾燥時間約6時間と書いてあります。此れは1回目の乾燥時間で2度塗りの場合、24時間とチッチャな字で書いてありました。然し現実は3日間も掛かります。いくら無害と言えどもシッカリ乾燥させないと成りません。

最後に、ハル&ナツのより良い環境(カメハウス)作りにこの1ヶ月没頭し非常に楽しかったです。
スポンサーサイト
記事編集07:23| ホシガメ飼育に必要な設備| トラックバック:0| コメント:18| Top↑
コメント
おおー!すげぇー!というか、かっちょえー!
今までより断然広いですね。ケージを広くしたら良く動きまわるようになったとか、急に成長をはじめた、というような話も聞きます。大きいに越したことはないですね。これなら当面は大丈夫そうです。
渋い茶色です。おしゃれでインテリアとしても全然大丈夫ですね。私も茶色が好きです。自然界でも枯れ木とか枯葉の下に潜っているでしょうから、こういう色の方が間違いなく落ち着きますよね。
高さの増設が可能、というのもビックリアイデアです。メタハラ系もこれなら大丈夫そうですね。
ステイあり、キャスターあり、設置も楽ですね。特にキャスターはケージが大きいほどありがたくなります。
へぇ~、左右後方からも取り出し可能な窓ですか。これもありがたいですね。3ボックス床暖もいいですね~。
ますますハルちゃんとナツちゃんの引越しが楽しみになってきましたね。このケージで動き回る姿を見るのも、非常に楽しみですね。
いいケージだなぁ。。う~、私も欲しいようなケージです。
BJ | 2007.03.04(日) 09:45 | URLコメント編集
うぁおぅ~inosann式ケージついに完成ですか~器用でいいですね~僕は工作はけっこう苦手でちょっとしたものでも店のスタッフに手伝ってもらう事が多いです。いろいろと細部まで考えがあり勉強させていただきました。以前のケージがかなり小さく感じますね~。また一段と延び延びと育ってくれそうですね?
kajikaji | 2007.03.04(日) 13:41 | URL【コメント編集
■BJ さんこんにちは
お褒め頂き有難う、、、
初動段階でロム専で様々なサイトへお伺いし、多くのヒントを頂きました。
今現在考えられる最良のハウスと思いますが、暫らくすると物足りなくなるかもです、、、暖かくも成ってきましたので先ずはハル&ナツを新居へ引越しさせ、元気に育つよう努めます。
inosan | 2007.03.04(日) 14:47 | URLコメント編集
■kajikaji さんこんにちは
正確なカットが総てと思いますが、組み立ては意外に易しかったですよ、、、それでもアチャ~~という場面は何回もありました。。。
それと後半で分かったことですが木目&板目の向きによって反りが一定する事です。
安価な外材ですので、この反りだけは致し方ありません、、、
杉板&檜板ではこれ程の狂いは出ないのでしょうが、使い切れなかった。。。
ハル&ナツも建設中はウォッチしてましたから、その努力は認めてくれると思います。
inosan | 2007.03.04(日) 14:55 | URLコメント編集
すごいですね。こんなのが自分で作れるなんて、器用なんですね。ハルちゃんも、ナツちゃんも、大満足ですね。
ウキキ | 2007.03.04(日) 16:53 | URLコメント編集
■ウキキさんこんばんは
いやはや、、、照れちゃいます、、、
良き参考書がありましたから作れました、、、

ハル&ナツはスクスクと元気に育ってもらいたい。。。
inosan | 2007.03.04(日) 18:16 | URLコメント編集
すごいすごいすごい~~~(/∀\)
このケージ、欲しい……
ぼんにも作って下さいぃ~~~♪
なぁんて、余りにもカッコよくて羨ましくて興奮してしまいました(*v.v)o
ぼんぼん | 2007.03.04(日) 19:40 | URLコメント編集
■ぼんぼん さんおはようございます
心配性の私は、、、よりまし的な発想で次から次へと仕様変更し、こんな感じになってしまいました。。。
此れでも何か忘れ物がないか考えさせられますが、追々考えていきます。
お褒め頂き有難う。。。
inosan | 2007.03.05(月) 05:17 | URLコメント編集
おぉ!めちゃめちゃすごいですねぇ~(^O^)
とても完成度が高くてハルちゃんとナツちゃんも快適にすごせそうですね(^^)
幸せなカメ達だo(^-^)o
自分も作りたくなっちゃいますp(^^)q
タァ | 2007.03.05(月) 12:58 | URLコメント編集
■タァさんこんにちは
ちっと凝りすぎたかもしれませんし、リクガメについてたいした知識もなく造っちゃいましたから、、、何か弊害でも出ないか一寸心配してます。
良き見本が一杯ありますからタァさんもチャレンジされたら!?
inosan | 2007.03.05(月) 16:15 | URLコメント編集
新居の写真を見ながら「おぉぉ~スゴイスゴイ」と感動しています(^^)
販売されている木製ケージにはない、渋い色も素敵ですよ!

私なりに「木製ケージならこんな機能が欲しいな」と思っていた要素が全て網羅されていて、不器用な私はただただ感動です!!

質問なんですが、床と床の立ち上がりをガラス張りにするのはやはり難しい特殊な作業なんですか?
いずれ木製ケージを用意してあげたいと思っているのですが、床が腐りやすいだろうな、というのが気になっていました。ガラス張りなら腐る心配ないですもんね。
自分でできるものならガラス張りにしてみたいと思ってます…。

mitsubo | 2007.03.05(月) 17:12 | URLコメント編集
おぉぉぉ!!自作ケージ完成おめでとうございまーす!!♪
かな~り完成度が高いですね~!すんばらしいです。
こりゃあ、ハルちゃんとナツちゃんぜったい喜びますよ♪
ケージの大きさはうちのとほぼ同じですが、奥行510mmは正解だと思います!うちは奥行600mmですがケージ内の霧吹きの時が大変です!手をぐぅーっと中に入れないと奥までできないんですよ(苦笑)まぁ、上から蓋を開けてやれば楽なんでしょうけど、それじゃせっかく前面からメンテできるっていう長所が活かしきれないというか。。。
今はそこをどう改良しようか考え中です。
なんかこういうの作るの楽しいですよね?僕は器用な方ではありませんが、カメたちがのびのび(といっても、以前のケージと比べてのことですが 汗)と生活している姿を思うと、なぜかこっちが嬉しくなってしまいます♪
KOJI | 2007.03.05(月) 20:39 | URLコメント編集
■mitsuboさんこんばんわ
お褒め頂き恐縮です。

mitsuboさん言われるようにケージの底にガラスを敷きます。
明日都合が付けばガラス屋さんへ持って行き打ち合わせしガラスの設置です。写真のケージ内を見ると細い白木が見えます、そこにパネルヒーターを入れます。
入り口厚を6mm設定で裁断組み立てたのですが、出来上がったのが3~4mmに成ってしまいました。。。計算では床暖間仕切り板(白木=檜板です)が6mm、底板の上に3mmガラスを敷き3mm開きますのでそこにパネルヒーターを入れる予定でした。
手前の縦板のカットが甘かったことと底板が多少暴れてしまい、底ガラスを入れてしまうとパネルヒーターが入るものか確認が必要になっちゃいました。難しいようだったら底ガラスはパスになります。
何れにせよ、今見える白木間仕切り板の上にガラスを敷き縦板に11cmのガラスを張りコーキングすれば完成です。
此れで、ガラスケースと同じ扱い方をしても水漏れ&木部の腐食は回避すると思います。
(写真を良く見ると手前側に白木が見えます、それが隙間で3~4mmあり、そこからパネルヒーターを入れます)

ホシのコガメは特に温度に注意しなければならないと思い床暖房は必須と考えておりましたので、アクリル板を回避しガラスにする事にしました。

未経験の領域ですので、何が起こるかは???ですね。
大方の設置が出来ましたらスナップをアップします。。。
inosan | 2007.03.05(月) 21:16 | URLコメント編集
■KOJI さんこんばんわ
KOJI さんのケージも参考にさせて頂きました。有難う御座います。
様々なHP&ブログを見ても間口120cmを推奨してます。
当初木材(182cm)の裁断を考え120×60を考えてました。
何度も寸法を部屋に合わせ考えましたが、、、爬虫類苦手のワイフの目もあり、遠慮した結果です。。。
KOJIさん言われるメンテナンスは考えてませんでした。。。
inosan | 2007.03.05(月) 21:27 | URLコメント編集
■なるほど!
inosanさん、参考になります。
ありがとうございますー。
うかがえばうかがう程、理想的なケージです(^^)
自分でガラス底を敷くのは無理かな?と諦めていたのでありがたいアドバイスになりました。

新居落成を楽しみにしていますね!
mitsubo | 2007.03.05(月) 23:43 | URLコメント編集
■すごっ!!
思っていたよりも、すごいものができててビックリv-405
さすがパパv-363v-363
見に行く日程は、メールしますv-354
mika | 2007.03.06(火) 00:58 | URL【コメント編集
■mitsuboさんおはようございます
今思う改善点、木材(スプルス)がこれ程暴れると想定してなく、土台の底板も同じスプルスを使いました。この様にガラスを敷くのであればO.S.B材若しくはコンパネ(12~15mmのベニヤ板)の方が狂いが出なかったと思います。
この写真では分かりませんが、横張りした底板の暴れ防止策の補強をしてます。
それと、パネルヒーターを挿入する隙間を10mmにすれば良かったと、、、(幅30mm厚さ6mmの檜板が隙間に入る厚さ3~4mmに4枚削ぐのが結構大変でした、、、)
注意:隙間の侭では底板がたるむ可能性がありますので、その間仕切り板の所に65mmのコースレッドネジをシッカリ入れました。
inosan | 2007.03.06(火) 05:31 | URLコメント編集
■ミーさんおはよう
いつでもウエルカムですよ~~~♪
inosan | 2007.03.06(火) 05:33 | URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。