2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
やっと落ち着いてきたケージ設備
2007.02.12 (Mon)
リクガメ飼育に当たっては、その生体&生態に見合った設備が無ければならない、、、
全くの初心者でも必要最低限の設備があれば何ら問題なく育てられると思う今日この頃。。。
此処1ヶ月、色々あったが現在の装備で問題なかろうと思う。。。

様々なリクガメブログ等をロムして感じる事は、初心者のみに限らずベテランに於いても★にしてしまうケースもあります。中にはショップの人ですら一寸した不注意で★に、、、
立場を超えて告発して頂くのは私みたいな初級者には大いに勉強させられ有難い。
取り返しの付かない失態で勉強するより、諸先輩方の経験則の良かれと思うことは引用していけば大惨事に繋がらないと思う今日この頃。。。

我家のケージ設備詳細を記してあります。

【More・・・】

下記、設備で安定したケージ内温度及び湿度が確保されてます。
特にインドホシガメの100グラム以下のベビーを冬季に飼う場合、室温&湿度の確保を最重要に考えなければならない。
・ケージ60×30×33  (正直、狭い、狭い、セマスギル~
・紫外線蛍光灯20W   (06:20~20:00照明) 
・バスキングライト60W (07:00~18:00照明)
・セラミックH  60~100W(24時間サーモAでコントロール)
・ムーンシャワー 60W (24時間サーモBでコントロール) 
・ミストメーカー   (フォギィ同等)湿度60~80%を確保
・サーモ&タイマー2台A/B(上記、蛍光灯&ライト&ミストを別々にセット)
過去書き込みを見ると「ハル&ナツを向かい入れ1週間過ぎ辺りから」私が右往左往してた様相が分かると思う。
リクガメ飼育の勉強不足は言うまでもありません、ハル&ナツの運命は総て私の責に帰属します。

急遽購入したメタハラのネオビーム3000K及びバスキングライトのパワーサン100Wは宝の持ち腐れになったかも、、、とは思っておりません。
現在のケージのサイズに問題がありますので、ハル&ナツ達に適したスペースのケージになれば大活躍すると思うしかあるまい…(笑
パワーサンを点けますとケージ内温度が35度以上になっちゃいますし、湿度の関係もあり暫く休憩です。。。

次はハル&ナツの新居の建設か~~(笑
スポンサーサイト
記事編集07:25| ホシガメ飼育に必要な設備| トラックバック:0| コメント:6| Top↑
コメント
飼育環境詳細、勉強になります。ありがとうございます。

私も、向かい入れてから1ヶ月はかなり右往左往していたなぁ、と思い出しました。
サーモは当初1つだけだったのですが、悩んだ末inosanさんと同じようにもう1つサーモを増やしセラミックとムーンシャワーをそれぞれ管理するようにしました。

ネオビーム3000K、今ウチで使っています。
電球の大きさもさることながら、光量もかなりあるので、カメさんの負担にならないように設置するとなると…今だに設置方法は悩みの種です(;_;)
今は、床面から30cmほど離し、床面に対してほとんど垂直になるように設置しています。
一日おき位のペースにて、ネオビーム直下でバスキングしている姿をみます。
でも、もうちょっと床面から離した方がいいのかどうか…悩みは尽きません~(涙)
mitsubo | 2007.02.12(月) 15:36 | URLコメント編集
ブログ名変わりましたね?シンプルでいいですね?この短いブログ名に思いが込められてるのがわかります。
うちはネオビーム4000Kを使用しています。(明るさが白っぽい感じですが問題ないそうです)次はケージをもう少し大きくされる計画ですか?ネオビーム等は絶対それから役に立ちますよ~僕もはじめは木製でと考えていたのですが高湿度を維持させるとどうしても木製だとゆがみ、歪みがでてきますし、前面のガラスがはずれてしまうとゆうアクシデントも聞いた事ありますのであきらめました。さてinosanさんはどうされるのか?楽しみです~。春からはうちもベランダ別荘(これは木製)に移って頂きますので別荘の改装を考えています。(笑)皆さんのいろいろな考えでのケージ、環境維持、思いなどほんとブログを通して勉強になりますね~。
kajikaji | 2007.02.12(月) 15:57 | URL【コメント編集
■mitsuboさん仰るとおり
メタハラの設置距離が重要と思ってます。最低30cmは離さないと、と考えてます。今のケージですと床材+カメの甲羅高-ケージ高を考えると15cmくらいの距離になっちゃいます。ですから今は使えないと判断しました。
inosan | 2007.02.12(月) 17:23 | URLコメント編集
■kajikaji さんこんにちは
我家は爬虫類苦手のワイフのストレスに成らないようにしなければならず、コレハコレデ、、、

ベランダ別荘も考えてはいるのですが、先ずは母屋をと計画してますし、3月中にはと考えてます。
inosan | 2007.02.12(月) 17:31 | URLコメント編集
仰せの通り、ネオビームとパワーサンはケージを広くすれば、大活躍すると思います。確かに、60cmケージには重装備過ぎますね。温度コントロールや照射距離の調節が難しくなりますし。
また、ケージが広くなれば、ハルちゃんがもっと動き回る姿が見れるようになると思います。
うちの場合、ビルホシはインドホシより活発で大きくなるため、将来的には部屋で半放し飼いにする予定です。昼間部屋飼いで、夜だけケージという形。
BJ | 2007.02.12(月) 20:21 | URLコメント編集
■BJさんこんにちは
私もBJさんと同じ思いを抱いてました。「カメ部屋」
一部屋全体をケージにし、ちょっと大き目のシェルターを設置し温度&湿度管理するような、、、
ブログを見てると、結構居ますね~本当のカメハウスに住んでる飼い主さんが。。。
現実は難しいですが、、、
inosan | 2007.02.13(火) 16:52 | URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。