2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
リクガメ飼育に必要な設備が最低限揃った
2007.01.26 (Fri)
絶滅危機と言われているリクガメを飼育していく者として其の責を全うしなければならないと強く感じる。

自然環境が全く違うリクガメを育てるには、十分な設備を揃えないとならならい、それを疎かにしてしまうとカメ達は生きて行けないし、飼い主は悲しみを抱くものである。

マダマダ必要な物はあると考えているが、必要最低限の物は揃ったと思う。

【More・・・】

私はリクガメ飼育の難しい時期(冬季)である1月にスタートしました。
「理想は外気温&湿度高の5~6月頃から9月頃が良いのではないでしょうか」
某ペットショップで此れがあれば十分にホシガメを育てられると言われ同一ショップで2カメと共に揃えました。
1.ケージ: 60×30×35  (私の考えは90×45だったが)
1.紫外線蛍光灯: 60cm 5% リクガメに必要な太陽光
1.赤外線ライト: 60w ケージ内温度を維持する為
 「私は100wを買って持ち帰ったのですが、熱放射せず100w欠品の為
  60wと交換する、店主曰く60wで十分と…」
1.床下ヒーター: 寒さに弱いリクガメを腹甲羅から暖める為
1.床材:パームマット
 「ガラスケージの儘ならカメ達は歩行できませんし、尿&糞の為にも」
  少しでも自然の環境に近づける為。
1.シェルター:カメ達の隠れ家で此処で寝ます
1.温湿度計:ケージ内の温度及び湿度をチェックします
1.餌&水を入れる皿
1.カルシュウム:人工飼育では採取が難しいカルシュウムを適度に与えます
以上が初動時に揃えた設備です。

私の住まいは東京の世田谷でマンション住まいです。外気温&室温は比較的恵まれていて、エアコンなしでも18度を下りません。
然し、リクガメを飼育するには過酷な住環境なのです。よくよく調べてみると、上記、設備のままではこの冬を越すことが出来ないと思い下記設備を順次揃えました。

寒い時期なので保温設備を十分に揃えなければならないし、その適温度確保と調整、及び湿度の確保が最も重要なのです。
1.爬虫類サーモ&タイマー(GEX)ケージ内温度の調整確保!重要装置
1.メタルハイランドランプ(ネオビーム3000K)夏に活躍します!?
1.バスキングランプ(パワーサンUV 100w)
1.セラミックヒーター 100w
1.ミストメーカー(霧発生装置)別メーカーのフォギィと同じ!?
「ケージ内湿度を高める為、導入を決めました」
1.パームマット&パームチップ(床材交換の為)
1.人口飼料(リクガメフード)
1.レンガタイル(ケージ内床の一部に爪とぎ効果で敷きます)
1.ミネラルズブロック (クチバシの伸び防止に)

上記照明ランプ等を設置する蛍光灯の本体及びソケットは当然必要になります。

上記揃えた設備は将来に渡って必要なものですし、其々寿命があり時期が来れば交換する事になります。

私が育て始めたインドホシガメは体長6~7センチの可愛いコガメ達ですが順調に育っていけば、その体長が20~30センチに成るそうです。生体サイズは確認し此れ位ならと、、、
此れはリクガメの中でも小粒サイズだそうです。
他の多くのリクガメは40~100センチに成るようです。
他の飼育者のブログなどを見てると、、、大きなリクガメを室内で大切に育ってますね~オシメをするカメを始めて見ました…
我家ではワンちゃんで経験してますから、、、なんら問題なし…♪

ホシガメの成長と共に長いお付き合いするショップを模索中です。
この2週間余りで4店のペットショップと取引をしました。
その際に考慮する項目は
1.ホシガメに関する付帯商品が豊富であること。
1.発注作業が分かりやすく発送が速やかであること。
1.料金が安いこと。
上記項目は多くの飼育者が感じてる事でもあろうと思う。

追記、各機器の効果効用等については専門的知識は持ち合せてないし、その賛否についても全く分からない。又、欠品等もあり必要に駆られ、よりまし的な思いで選定しました。
無責任な説明になってしまったが、リクガメがペットとして飼育され始め歴史が浅い。
リクガメとは言っても12属40種以上の生態が違うリクガメの飼育方法が確立されてないのである。
どの専門書でも断定的に説明してる書は見当たらないのが現実であり、様々なブログを拝見していても同様と感じる。
又、狭い日本ではあるが北海道から沖縄まで其々気候風土が違い、育てる環境により揃える機器が違うのではなかろうか。。。


BLOG RANKINGに参加してます、今日も応援のワンクリック宜しく。
スポンサーサイト
記事編集17:12| ホシガメ飼育に必要な設備| トラックバック:0| コメント:0| Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。