2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
我家のカメ達の名前を決めました。
2007.01.19 (Fri)
昨夜、一人暮らしの娘と息子夫婦が揃い夕食を共にしながら名付談話、、、
我家には過去3頭のワンちゃんたちが居、始めのワンちゃんの名は私が名付、2番目のワンちゃんは娘が、3番目のワンちゃんは息子が付けました。
そんなこんなで、今回も皆で相談し決めようと思ってました。

然し、名付に当たって雄&牝が分からず付ける名は大変難しく中々決まらない、、、娘の発想で暫定名にする事になりました。

今までコガメと称していたこの子の名は「ハル」と言います。
メタハラの照明の関係で黄色く見えますが実物は他のスナップをご覧下さい。
「他の画像とは言っても総て携帯画像の為、写りが鮮明ではない・・・!」
0701181.jpg

下記7枚は今しがた(お昼)与えた食事風景です。餌箱から離れ寝入った頃、まだ本調子?ではなさそうなのでシェルターへ移動する。
交代にナツを餌箱に移動、たいして食べずシェルターに入る。。。
0701181.jpg

0701181.jpg

0701181.jpg

0701181.jpg

0701181.jpg

0701181.jpg

0701181.jpg

オオガメと称していたこの子の名は「ナツ」と言います。
0701182.jpg


将来、性別が分かり今の名でマッチングしないようであれば改名しようと言う事で皆が納得する。

カメ好きとは言っていた娘も爬虫類は大の苦手だったはず、カメに触れるのは今回が始めてであった様子。これを機にカメ贔屓が加速すると思います。
爬虫類とは=トカゲ&ヘビ等々の感がある、、、
そう言う私もオオトカゲ&ヘビ&カメレオン&カエル等は苦手であり、今後それらに触れる事はなかろう。。。

今回、カメの件では爬虫類メチャメチャ苦手(カメも)なワイフも参加し気遣う姿に感謝したい。。。

夜明け前、床暖あるシェルターの外で寝ていたハル&ナツ、、、ナツはそのままにしハルだけをシェルターの奥に移動する。
7時過ぎ、ナツは自らシェルターへ入って行き寝ている。。。
今朝はこの状態が良かろうと思い温浴&餌やりを控え、昼、様子を見に行った時、与えよう。。。


BLOG RANKINGに参加してます、今日も応援のワンクリック宜しく。
スポンサーサイト
記事編集07:21| ホシガメ飼育日記| トラックバック:0| コメント:7| Top↑
コメント
おおー!名前が決まりましたか。
ハルちゃんにナツちゃんですね。可愛い名前です。
ハルちゃんの方が甲羅の明るい部分が多いですね。

私の母親が2ヶ月ぐらい私の家に来ていたときがあります。最初は「カメなんて何が面白いの?」って言ってましたが、すぐに「可愛い」を連発するようになり、、、最後には「この子実家につれて帰りたい!」までなりました(笑)。

ケージは理想を言えば広ければ広いほど良いですね。
確かにインドホシはビルホシほど活動量はないですし、インドホシのオスであれば10cmを超えると成長が相当鈍化するようですので、今すぐに広いケージを用意される必要は無いかもしれませんが。
インドホシであれば、オスで15cm、メスで20cmも行けば相当大きいです。そこに至るまで何年、いや十年以上は掛かるのではないでしょうか。
リクガメといえども空間認識能力がありますので、狭いとあまり活動的でなくなります。結果、四肢が弱ったり(これは大型種には致命傷で重い体重を支えられなくなり歩けなくなります)、太りすぎたりして内臓に負担が掛かります。
また、広いほうが温度や湿度など勾配がつけれますので、カメが好きな環境を選べます。狭いと、一部分ではなくケージ全体が高温、低温、多湿、乾燥のどれかに偏ってしまいカメが逃げ場がなくなり、飼育者の環境設定の間違いがすぐにカメに影響して、体調を崩すことになります。
例えば自然のロシアリクガメは良く穴をほり、厳しい環境から逃れています。外の湿度が30,40%と相当な乾燥状態でも、土の中は湿度60%ぐらいはあることが分かっています。
BJ | 2007.01.19(金) 20:55 | URLコメント編集
■初めて触った・・・
ハルとナツの体調心配だけど、ちょっとづつでも良くなると良いね。でも、昨日よりもりもり食べてるっぽいから、元気になるよ!!
カメ触ったのは・・・初めて☆やっぱり、見てるのと触るのとじゃ~気持ちの持ちようが違うから、ちょっとドキっとした。けど、もう触れるよ☆ごはんもあげれるよ☆だから、いつでもお預かりします♪茅ヶ崎カメホテル(笑)
あっ!!カメのことじゃないんだけど・・・カレーめっちゃ(≧▽≦)おいしかったです!!ありがとうございました。後半分残ってるから、明日のお昼にします(^3^)

>BJさん
こんにちは。娘のものです・・・
いつも、いろいろなアドバイスを頂き、ありがとうございます。
この子達の名前、一文字足せば男の子にも女の子にもなると思ってつけました。まだまだ、正式な名前になるには時間がかかりそうですが、楽しみにしていて下さい☆
これからも、父のかめブログをよろしくお願いいたします♪
mika | 2007.01.20(土) 00:36 | URL【コメント編集
■BJさんこんにちは
私が、オハルちゃん&オナツちゃんと声を掛けていたら、、、
ワイフ曰く、芸者さん&飲み屋の御姐さんみたいと首を傾げてました…(トホホ

BJさん言われるように、ケージのサイズアップは考えるようになりました。この冬を無事過ごし通す事を最優先し、今は環境変化は控えたほうが良かろうと思います。
次の冬支度の頃にはリクガメ達にとって最善の生活環境を提供できるよう研究して参ります。

この十日を振り返って思うこと
何飼うにしても、その生体の特性を熟慮しスタートしなければならない。私は一寸早かったように思います。
特に私の住んでいる世田谷とマンション住まいの環境とホシガメ生殖している環境とのギャップを如何にして埋めて行くかが重要だったと…彼らには自ら環境変化に順応できるものではありません。
まして、今の季節リクガメ達にとって日本の風土で一番厳しい時期でもあり、初心者が飼い始める時期とすれば最悪の時期だったと思う次第です。
inosan | 2007.01.20(土) 09:26 | URLコメント編集
inosanさん
そうですね。ケージのサイズアップは今避けたほうが良いと思います。カメちゃんたちもいきなり環境が変わってストレスを感じているのは間違いないので、今はこの環境で無事冬を越してくれることが最優先かと思います。
inosanさんは相当研究されていると思います。私など最初のカメを飼い始めたときは殆ど何も知らなかったぐらいメチャクチャでした。。(深く反省;)
リクガメはまだ飼育方法が確立されていませんので、皆手探り的な部分が多いです。よって他の飼育者の飼育方法など研究されながらご自分のスタイルというかそういうものを確立されていけばよいかと思います。
確かに冬はトラブルが多い時期です。特に低温乾燥に弱いホシガメですのでご注意ください。温度はサーモで大丈夫だと思いますので、湿度はしつこいぐらい上げておいたほうが良いと思われます。霧吹きを多めにしたり、加湿器をすぐそばに置いて、湿気がケージに入り込むような工夫をされたり。。

mikaさん
いえいえ、アドバイスなんて大したのものではないです。
私自身まだまだ勉強中の身ですから。
ハルちゃん、ナツちゃんが可愛いので毎日拝見するのを楽しみにしています。
BJ | 2007.01.20(土) 11:34 | URLコメント編集
■日々注意事項が、、、
すずき動物病院院長鈴木先生のWEBを拝見しました、、、
http://www.asahi-net.or.jp/~qb3t-szk/dounyuu.htm

カメのケージを配置してある私の部屋でタバコは吸いますし、テレビはつけて音は出すわ、、、
これもストレスの元に成っていたかも…

ケージの位置を再考しなければなりません。。。
inosan | 2007.01.20(土) 16:38 | URLコメント編集
おお、鈴木先生のWebですね。
私も参考にさせて頂いています。自らたくさんの種類のリクガメを飼育され、その状況をWebで公開されている先生であれば、とても信頼が置けると思います。
田園調布の先生はカエルの本を出されており、カエルには相当なご経験がある先生のようですが、リクガメ飼育本でも度々拝見します。私は田園調布の方が近いので、田園調布の方にお世話になっています。
御茶ノ水の先生が最も高名な先生だとおもいます。

タバコは私はリクガメ部屋では吸わず、キッチンの換気扇のところで吸います。テレビは音量を下げて見ます。
夜はケージにバスタオル等をかぶせて明るくならないようにしています。(⇒保温球のつけ方によっては、ケージ上部は大変熱くなっておりますので火事にはご注意です。)
BJ | 2007.01.20(土) 19:37 | URLコメント編集
■ワッハッハハ~♪
先ほど、早速、換気扇の下でタバコを吸い、、、

タバコを止めて3~4ヶ月になるワイフが、笑いながら何時まで出来ますかね~と・・・♪

タオルの件は承知してますし、セラミックヒーターの上部はネット開放です。

マダマダ分からない事だらけですけど、、、2カメ達が我家の環境になれる過程と共に私もリクガメ飼育のイロハを熟慮して参ります。

連日のアドバイス有難う御座います。
inosan | 2007.01.20(土) 20:57 | URLコメント編集
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。